トップ 検索 PDF ログイン

予算・決算について

 学生会館とキャンパスプラザを支える財源は、運営費と校費の2種類です。ここではその中身について説明します。

運営費交付金(校費)

 毎年、教養学部当局と学生会館委員会が交渉して予算額が決定します。会計年度は4月から翌年3月までで、主な用途は以下の通りです。

  • 備品購入費(机やロッカーなどの備品を購入する)
  • 消耗品購入費(電動裁断機の替刃など、消耗品を購入する)
  • 工具・文具費(学生の皆さんに貸し出す工具・文具を購入する)
  • 貸出用備品費(トランジスタメガホンや椅子等の貸出用備品を購入する)
  • 清掃用具費(大掃除などのための掃除用具を購入する)

なお、建物の修理費用は、学部の建造物修繕費として全く別枠で処理されます。

運営費

(学生負担分=入学時に3000円)
 入学時に、オリエンテーション委員会を通して新入生から一括納入する学生会館・キャンパスプラザ運営費が財源で、1人あたり3000円です。会計年度は、一年を6〜11月、12月〜翌年5月に分ける1年2期制です。主な用途は以下の通りです。

  • 運営委員活動保障費

 学生会館運営委員の窓口業務などに対する活動保障費をまかなうための費用です。

  • 学生会館運営活動費

 鍵作成費用や、急遽必要になった備品や文具の購入費に関する費用です。なお、印刷機・紙関係の支出は、印刷機使用代金や紙の売り上げによる収入でまかなわれているので、納入金は使われません。

  • 大掃除費用

 大掃除参加者に出す昼食の代金や不足している掃除用具の購入費です。

  • パンフ代

 学生会館委員会・運営委員会のパンフレットの印刷費です。

お問い合わせ

Copyright (C) 2006 東京大学学生会館委員会・同運営委員会 All Rights Reserved.